防犯対策効果を高めるドア防犯対策グッズ

ドアの防犯対策でおすすめは何?二重ロックからドアスコープまで

世の中には、様々な防犯対策グッズがあります。

その中でも、ドアに取り付けることができる防犯対策グッズがあることをご存知でしょうか。

ドアは、家の中でも被害に遭うことが非常に多いポイントなので、防犯対策に使えるグッズも複数販売されています。

そのため、ドアの防犯対策をしたいと思ったときに、どんなものを選べばよいのか分からないという方も少なくはないでしょう。

そこでこの記事では、ドアに対する防犯対策についてわかりやすく解説していきます。


玄関ドアからの犯罪者の侵入を防ぐには?

ドアに有効な防犯対策グッズについて解説していきますが、大前提として、ドアのロックをしておくことに注意してください。

というのも、 空き巣等による侵入手段の1位は、施錠されていないドア、あるいは窓からの侵入だからです。

普段からロックをしないでおく人もいれば、ロックをし忘れて出て行ってしまう人もいるでしょうが、それらの数が想像するよりもはるかに多いのです。

そのため、まずはドアを施錠することを第一の防犯対策として、その上でグッズによる防犯強化を考えるようにしましょう。


おすすめ玄関ドア防犯対策

それでは、いよいよ玄関ドアの防犯対策グッズについて解説していきます。


玄関の鍵を防犯効果の高いものに変える

錠前には、いくつかの種類があります。

古いものだと、ディスクシリンダーと呼ばれるタイプがありますが、こちらは防犯性能が非常に低く、泥棒によく狙われてきたシリンダーです。

すでに廃盤になっているものの、未だに使用されて続けていることもあるため、一度確認してみるとよいでしょう。

他にも、ピンシリンダーなどもありますが、できればこれらの錠前からディンプルキーに変えておくなどして、防犯効果を上げておくことをおすすめします。


玄関補助錠を追加する

玄関補助錠は、比較的簡単に入手することができますし、防犯対策の効果も高いのでおすすめです。

まずは、設置方法について解説していきます。

玄関補助錠には、外付けタイプや内付けタイプ、面付けタイプがあります。

外付けタイプは、外側からみて玄関補助錠がついているな、と一目で分かるので、防犯効果をさらに高めることができます。

しかし、種類によっては留守であることが分かってしまうものがあります。

他にも、中に人が残っているのに取り付けてしまうと、内側から外すことができなくなるものがあるので注意しましょう。

内付けタイプは、ドアの内側から取り付けるタイプの玄関補助錠です。

外からは補助錠がついていることが分からなくて、サムターン回しなどに効果的です。

面付けタイプは、簡単に取り付けられることが多い他のタイプと比べて工事が必要となります。

工事と言っても、ドアに少し穴をあけるだけでしっかりと固定することができるので、防犯性がかなり上がります。

次に、施錠方法について解説していきます。

施錠方法は、物理鍵と電子錠などが存在します。

物理鍵は、物理的に鍵を使って錠前にロックをかけたり、逆にロックを解除できたりする鍵のことをいいます。

電子錠は、リモコンやパスコード入力などでドアロックを操作することができるものをいます。

電子錠のメリットとして、ものによって鍵を持たなくていいということや、簡単に合鍵が作れないこと、サムターン回しにも対応できるということが挙げられます。

ドアチェーンを追加する

ドアチェーンを追加することも、防犯対策として効果的です。

普通の錠前だけでなく、ドアチェーンまでついているのを見たら、別の家を狙った方が手間が少ないな、と思わせることができます。

ドアスコープに対策するグッズを使う

防犯対策では、鍵以上に注目されることが少ないドアスコープですが、こちらも防犯対策として大きな役割を果たしています。

というのも、空き巣やストーカーは、案外ドアスコープを利用することが多いからです。

家の中は見えなくても、光の有無で人がいるかを判断したり、ドアスコープごと取り外して中をのぞいたりすることがあるのです。

そんなとき、内側にフタがついているタイプのドアスコープに変えれば、光の漏れを防ぐことができます。

また、内側からしか取り外しができないタイプのドアスコープであれば、ドアスコープを取り外される心配もありません。

他にも、広角レンズなどを採用することで、広い範囲で外を確認することができるタイプもあります。

ドア防犯対策まとめ

上記のように、様々な方法でドアに関する防犯対策をすることができます。

重要なポイントとしては、原則、1ドア2ロック以上にしておくことが大切です。

1ロックから2ロックに変わるだけで、犯人からすると心証が段違いに変わります。

実際に攻略するまでに余分なロック分手間がかかりますし、防犯対策をしているということは、他にも何か対策をされているかもしれないという意識が芽生えるからです。

そのため、必ずロックをかけるということを大前提として、1ドア2ロック以上にした上で、その他の対策を取っていくのがよいでしょう。


関連記事